2016年01月13日

KARA「バイバイ ハッピーデイズ!」は埋もれるのが勿体無い名曲

最近解散が噂されるKARA。

近況日本での活動は大人しくなってますが
既に脱退して日本で活躍している知英など
親日で知られていて自分も嫌いではありませんでした。

アイドルグループが解散すると
その楽曲は徐々に埋もれていくのが常。

KARAに関しても世間の記憶に残るのは
「ミスター」くらいになると思われますが
自分としては埋もれるのが勿体無い
かなりの名曲だと評価しているのがこの



「バイバイ ハッピーデイズ!」です。

作詞作曲は日本人作家「磯貝サイモン」の
完全なるJPOPアイドル楽曲。

発売は2013年の3月で
タイトルが示す通り俗にいう「卒業」ソング。
歌詞やメロディーもかなり意識して作られています。

どこがそこまで気に入ったかというと
この楽曲の歌詞メロディーの「泣き笑い」要素が絶妙な事。

自分は元々出会いや別れ、旅たち、夢、希望といった
前向きなストーリーが多い「卒業」ソングが大好きなのですが
この楽曲は全ての要素が絶妙。

以前紹介したアイドリングの「さくらサンキュー」が
歌詞で泣けるとすれば
このKARAの「バイバイ ハッピーデイズ!」は
メロディーに泣ける感じですね。

専門的に音楽をやっていた訳では無いので
まさに素人感想になってしまいますが
メロディー聴くだけで一本のドラマを見終えた満足感。
逆に若干ベタな感じの歌詞が
上手くメロディーを引き立てているように思えます。

そしてこの楽曲はPVの出来が素晴らしいのも特徴。
ストーリー仕立てのPVとメロディーは
本当に抜群の相性の良さを発揮しているので
是非機会があったら見て頂きたいです。

最後に楽曲の感想とは離れてしまいますが
もしみんな脱退してソロ活動始めるなら
知英同様に日本で活動すればいいと思うんだけどなぁ。

逆風の中日本が嫌いとは頑なに言わなかった彼女達に関しては
少なくとも日本人は嫌だとは言わないから。
勿論最後は才能と努力の勝負になりますけどね。(笑)


posted by たけと at 17:28 | KARA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

この時期になると「チョコの奴隷」が聴きたくなる。

こんにちは。

またまた久々の更新になってしまいましたが
アイドルオタは当然続けています。
いろいろ考えまして
今後は時系列や流れよりも
その時書きたい物を素直に書いていこうと思います。

本題に入りますが
自分一応「手を繋ぎながら」公演の頃からファンやっていて
シングルも「強き者よ」から手を出しているのですが
(そういえばレーベルはランティスだったんだよなぁ)
個人的に1番好きなシングルはこの「チョコの奴隷」だったりします。



どこがお気に入りかといいますと
歌詞がとことんツボ。
SKEのメンバーにキモオタの心境の歌詞を歌わせるなんて
秋元康も結構エグイ事するなぁって。
だって「女王様、愛を下さい」ですからね。(爆笑)

そして個人的にSKEのメンバーってMの子が多い印象なのですが
それを女王様にしちゃうってのが
良い意味でギャップ萌えがあるっていうか。(笑)

メロディに関してもエグイ歌詞を中和するかのような
かなり王道なアイドルポップで
そこがまた巧くハマッてるように感じます。

選抜メンバーもじゅり坊と玲奈を中心に
この頃はくーみんや茉夏もいて
おぎゆり、しゃわこ、あかりん、そして俺の推しまさにゃ。
自分はオリジナルチームS大好きな人間ですが
この選抜は最強と言っていいかもしれないなぁ。

もうチョコを貰える様な年では無いので
今年のバレンタインも一人寂しくこの曲を聴いて
悶えたいと思います。(爆笑)


posted by たけと at 16:29 | SKE48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
世界の通貨