2015年03月30日

ごっちんの「スクランブル」が大好きだ。

こんにちは。

モー娘。の話題のラストに
ハロプロ在籍時の後藤真希のソロに付いて書こうと思います。

皆さんご存知の通り
当時停滞しそうになっていたモー娘。に
彗星の如く現れた金髪の救世主が後藤真希でした。
彼女がセンターを努めたLOVEマシーンは大ヒットして
歴史に残る名曲となり
その後ずっとモー娘の中心の一人として
大活躍をしていく事になります。

そのごっちんがソロデビューしたのは2年後の2001年。
楽曲は「愛のバカやろう」でしたが
自分的には正直全くツボでは無く残念だった記憶があります。

自分はやっぱりゴマキよりもごっちんが好きだったもんで
ソロでもそういうイメージを欲していたんですよね。
そんな自分の願望を叶えてくれたのが
「スクランブル」でした。



つんくお得意の大人の女性の日常な歌詞ですが(笑)
これを唄ってるごっちんも
変に飾らずにナチュラルな感じが凄くして
俺こういうのが見たかったんだぁって
当時泣きそうになるくらい嬉しかったです。

今回この記事を書くにあたって
改めて過去のパフォーマンスを見たりしたのですが
全然色褪せた感じがしないんですよね。

今のごっちんにも唄って欲しいなー。
あと今のハロプロの現役大人メンバー達にも。
愛理とか舞美とかドンピシャな気がするんだよなぁ。(笑)

勿論ごっちんのソロは他にも名曲ばかりで
個人的には他にも「やる気! IT'S EASY」なんかも大好きです。
王道のキラキラポップですが
これまたごっちんの可愛さを極限まで引き出してると思います。

なんかこの記事書いていて思ったのですが
自分本当にごっちんが大好きだったみたい。(笑)
市井ちゃんに匹敵するくらいのレベルで。

次回は自分をハロオタに出戻らせた℃-uteについて書きます。





posted by たけと at 12:44 | モーニング娘。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

2期タンポポの楽曲のキラキラした感じが好きです

こんにちは。

今回はユニットについて。

モー娘。のユニットといえば
タンポポ、プッチモニ、ミニモニがあって
どれも大成功を収めました。
個人的には市井ちゃんがいる初期プッチモニに
かなり思い入れがあるのですが(笑)
総合して評価するなら断然2期タンポポかな。

とにかく楽曲の出来が群を抜いて良かったです。
初めて「乙女、パスタに感動」を聞いた時は
あの王道のキラキラした感じのメロディーに
つんくも本当に分かってるなぁ
凄く感心したのを今でも覚えています。

ビジュアルメンには可愛い曲を歌わせるのが1番。(笑)

どうしても当時の本隊だとイメージ的に
こういうの中々出来なかったですからねぇ。

そして2曲目の「恋をしちゃいました!」で
王道キラキラポップは更に進化。

つんくさん本当にありがとう。
降参です。
って土下座したくなりました。
この楽曲はハロプロどころか
日本のアイドル歌謡の中でも名曲と言っていい出来だと
個人的には思ってます。



第二期最後の3曲目「王子様と雪の夜」も
これまた正攻法なアイドルの冬ソングで
文句の付けようが無い良曲だし
本当に第二期タンポポには
ハズレ曲が見当たらないんですよね。

逆にプッチモニは1曲目「ちょこっとLOVE」が
名曲過ぎて中々高い壁になってた印象。
当時メンバーの中で群を抜いて輝いてた
市井と後藤のユニットですから
ある意味当然なのですが。

市井ちゃんが卒業せずに1期プッチモニが続いていたら
どんな凄い事になってたんだろうと思うと
残念で仕方が無いです。

ミニモニはある意味モーニング娘。そのもの。
とにかく若さと勢いで全ての物を壊していったみたいな。
ミニモニ。じゃんけんぴょんが大ヒットして
振り付けをいい年したオッサンまでが覚えて踊ってた当時の状況は
やっぱり正気の沙汰じゃないですよ。(爆笑)

個人的にミニハムずの楽曲は結構好きでしたけどね。

結構長々とモーニング娘。について書きましたが
今のアイドルの隆盛は明らかに黄金期モー娘。が原点なのは明らか。
改めて振り返って偉大なグループだった事を実感しました。

実は自分この後一旦アイドルオタから足を洗って
声優のオタをしばらくやる事になります。

数年後またアイドルオタに出戻る事になるのですが
そのきっかけもハロプロのあるグループでした。
次回以降そのグループについて書きます。

あっ、ごめんなさい。
その前に1階ごっちんのソロに付いて触れます。





posted by たけと at 15:45 | モーニング娘。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
世界の通貨