2015年02月08日

桜っ子クラブという土曜午後の楽しみ

こんにちは。

今回からは毎週土曜午後の楽しみだった「桜っ子クラブ」について
書いてみようと思います。

この番組のスタート時自分は高校生でした。
土曜日は学校も午前中で終わりで
帰宅部で立派なアイドルオタだった自分にとって
この番組見ながらグダグダするのが毎週の楽しみでしたね。(笑)

司会は森脇健児と光GENJIの内海光司。
他にも若き日のSMAPやTOKIOなど
ジャニーズタレントも沢山出演していました。

そしてその番組のマスコットガールで象徴だったのが

「桜っ子クラブさくら組」

このグループの特徴といえば
何と言っても卒業メンバーの数多くがブレイクした事。
代表的なメンバーといえば

中谷美紀

菅野美穂

加藤紀子

持田真樹

井上晴美

他にも中條かな子や胡桃沢ひろ子など
どれだけ豪華なんだって感じです。

ただソロでも戦えるメンバーが揃っていて
事務所もバラバラだったせいか
それほどグループ売りに積極的では無く
桜っ子クラブとしてのアイドルデビューは
番組スタートより1年半も経ってからになりました。

自分はその間ずっと待っていた訳ですが
満を持して発表されたデビュー曲は
そこまで寝かしただけあって
破壊力抜群の名曲。

そのデビュー曲「なにがなんでも」について
次回書こうと思います。






posted by たけと at 17:19 | 桜っ子クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
世界の通貨