2015年01月07日

おニャン子クラブの最高傑作

おはようございます。

おニャン子クラブ話続きます。

ナカジが卒業して数ヵ月後アルバム「PANIC THE WORLD」が
発売された訳ですが
そのアルバムに収録されたある曲に自分は心奪われてしまう事になります。
その曲とは

「避暑地の森の天使たち」

歌ってるのは富川春美、渡辺満里奈、渡辺美奈代の三人。

キラキラした夏って感じのメロディ。
まさに青春って感じの歌詞。
可愛い歌声。

そして実際のパフォーマンス見たら
このユニットはビジュアル的に本当にバランスが良かった。
綺麗系なルックスでモデルみたいなスタイルのお富さん。
プロのアイドルとしてある意味完成されている美奈代。
クラスで1番人気の女の子って感じの満里奈。

一瞬で自分はノックアウトされてしまいました。(笑)

なので今現在自分はおニャン子で誰が好きだったかと聞かれると
1推しは富川春美で
2推しが渡辺満里奈って答えてます。

まぁこれだけの名曲ですから
映画のコンサートシーンで使われたり
解散コンサートでのメドレーの一曲となったりと
最後までファンに愛される曲となりました。

おニャン子クラブには
うしろゆびさされ組やうしろ髪ひかれ隊など
いくつかグループ内ユニットがありましたが
個人的には
この三人でユニット組んでデビューしてたら
天下取れたんじゃないかって今でも思ってます。

それにしてもこの楽曲に秋元康が関わってないのが
いろんな意味で面白いなぁ。(笑)

また思い出したように書くかもしれませんが
取り合えずおニャン子話は一旦終了。

次は同じくフジテレビ発のアイドルグループの話。








スポンサーリンク



posted by たけと at 07:00 | おニャン子クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
世界の通貨